欧文誌 > 概要・掲載論文

Annals of the Japan Association for Philosophy of Science

目的

「Annals of the Japan Association for Philosophy of Science」は1956年に創刊され、毎年1号刊行されている科学基礎論学会が編集出版する欧文の学術雑誌です。「Annals of the Japan Association for Philosophy of Science」では科学、数学、論理学、心理学、工学、社会科学などを含む広い意味での科学に関わる哲学的および基礎的問題を対象とした論文を掲載しています。論文を投稿するために著者が科学基礎論学会の会員である必要はありません。

編集委員

編集委員長 松本 俊吉
編集委員 柏端 達也 菊池 誠(~2017.9.17) 黒川 英徳(2017.9.17~)
鈴木 貴之 田中 泉吏 中山 康雄 森田 邦久
任期:2017年4月1日~2020年3月31日

最新号 26巻

論文
・Kunihisa MORITA, Presentism and the Multiverse Hypothesis
 Special Section: Philosophy of Science in East Asia
・Tetsuji ISEDA, Preface to the Special Section: Philosophy of Science in East
 Asia
・Szu-Ting CHEN, Human Reason in Context
・Young E. RHEE, Can Scientific Cognition Be Distributed ?
・Hsiao-Fan YEH and Ruey-Lin CHEN, An Experiment-based Methodology for
 Classical Genetics and Molecular Biology

25巻

論文
・Sébastien GANDON, Russell and the Neo-Logicists
 Special Section: Computability Theory and the Foundation of Mathematics
・Chi Tat CHONG and Stephen G. SIMPSON, In Honor of the 60th Birthday of
 Professor Kazuyuki Tanaka
・Tin Lok WONG, Models of the Weak König Lemma
・Keisuke YOSHII, A Survey of Determinacy of Infinite Games in Second
 Order Arithmetic
・Walter DEAN, Bernays and the Completeness Theorem
・Gaolin LI, Junren RU and Guohua WU, Rudin's Lemma and Reverse
 Mathematics
・Sakaé FUCHINO, A Reflection Principle As a Reverse-mathematical Fixed
 Point over the Base Theory ZFC
・Toshio SUZUKI, Kazuyuki Tanaka's Work on AND-OR Trees and Subsequent
 Developments
・Nik WEAVER, The Liar Paradox is a Real Problem

24巻

論文
・Naoaki KITAMURA, The Groundedness of Negative Truths
・Yuichi AMITANI, A Tale of Two Minds: Past, Present and Future

23巻

論文
・Takuo AOYAMA, Shogo SHIMIZU and Yuki YAMADA, Free Will and the
 Divergence Problem
 Special Section: External Critiques of Experimental Philosophy
・Masaharu MIZUMOTO, Foreword
・Stephen STICH, What Is Experimental Philosophy?
・Eric McCREADY, Reference and Linguistic Intuitions
・Simine VAZIRE, Experimental Philosophy: The View from Social/Personality
 Psychology
・Kazuhisa TODAYAMA, What is Experimental Philosophy of Mathematics?

22巻

論文
・Takashi YAGISAWA, Deflationary Existence
・Florian COVA and Yasuko KITANO, Experimental Philosophy and the
 Compatibility of Free Will and Determinism: A Survey

21巻

論文
・Yuichi Amitani, The Communication Puzzle of the Species Problem
・Akihiro Kanamori, Mathematical Knowledge: Motley and Complexity of Proof
・Takashi Iida, On the Concept of a Token Generator

アーカイブ

「Annals of the Japan Association for Philosophy of Science」に掲載された論文はJ-STAGEで公開されています。

「正誤表」のJ-STAGE登載サービス

当学会ではこのたび、Annals of the Japan Association for Philosophy of Scienceに掲載された各記事(論文、討論、書評など)について、著者からの希望に応じて「正誤表」を受け付け、 編集委員会での承認を経た上で、J-STAGE上に登載するサービスを開始いたします。ご興味のおありの方は、下記の注意事項をお読みになり、指定の書式に訂正事項をご記入の上、編集委員会までご投稿下さい。

  1. 「正誤表」の登載は、年2回の雑誌発刊時期(9月の和・欧文誌発刊時と3月の和文誌発刊時)に行います。ただし「正誤表」の投稿は随時可能です。
  2. 「正誤表」を登載できるのは、雑誌本体に当該記事が掲載されてから2年までとします(たとえば2018年9月刊行の欧文誌掲載記事なら、2020年9月刊行欧文誌のJ-STAGE登載時まで)。
  3. 「正誤表」で訂正可能な誤植とは、字句の誤記や脱落、引用文献の出版年や引用頁の誤り、数式や記号の誤表記、外国語のスペルミスといった単純な表記ミスのことであり、内容に関わる訂正・修正には応じられませんのでご注意ください。
  4. 「正誤表」の登載は、J-STAGE上の当該論文掲載頁に「正誤表」へのリンクを貼る形でなされます。雑誌本体には掲載いたしません。
  5. 「正誤表」の登載は、一つの記事につき一回のみとします。著者自身が責任を持って作成し、著者が複数いる場合は、代表者が全員の合意を得た上で投稿して下さい。
  6. 指定の書式(MS Wordファイル)は、以下のリンクからダウンロードできます。必要に応じて、表は各自で拡張してご利用下さい。
     Annals「正誤表」作成用書式ダウンロード
  7. 「正誤表」の投稿先は、
      科学基礎論学会 編集委員会:editorial[at]phsc.jp
      ※ [at]は@に置き換えて下さい
    です。編集委員会で承認後、結果を著者に通知いたします。

2017年11月
科学基礎論学会 編集委員長

松本俊吉