お知らせ > 最近のお知らせ

最近のお知らせ

2019年度秋の研究例会について [2019年7月1日]

2019年度の秋の研究例会は下記の日程で開催されます。
開催に伴い、ワークショップの企画を募集いたします。
希望される方は演題登録サイトよりご応募ください。

日時:2019年11月30日(土)
会場:日本大学文理学部

秋の研究例会ワークショップ募集要項
・演題登録サイト https://www.sasappa.co.jp/phsc2019r/regi/
 締切日を過ぎましたら演題登録サイトを閉鎖します。期日を厳守してください。

≪締切日≫
演題登録:2019年9月16日(月・祝)
発表要旨:2019年10月31日(木)

欧文誌Annals Vol. 29特集関連論文公募のお知らせ [2019年5月30日]

会員各位

科学基礎論学会編集委員長 松本俊吉

2020年9月刊行予定のAnnals Vol. 29では、山口大学時間学研究所の小山虎さんをゲストエディターとして、‘Monism’(Schaffer 2010†で論じられているような、宇宙全体だけが唯一の(基礎的な)存在者であるとする形而上学的立場)をテーマとした特集を組むことになりました。そこで、このテーマに関連した一般投稿論文を公募いたします。提出締切は、2019年12月末とさせていただきます。

 Schaffer, Jonathan (2010), “Monism: The Priority of the Whole,”
  Philosophical Review, 119: 31–76.

投稿規程改定のお知らせ [2019年5月30日]

会員各位

科学基礎論学会編集委員長 松本俊吉

ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
このたび海外の非会員からの照会が相次いだことにともない、非会員の投稿権を明記するような形で、欧文誌投稿規程の「1」を改定いたしましたので、ご確認いただければ幸いです。

なお、事後的なご報告となりますが、昨年度為された以下の改定点につきましても、ご承知おきいただければ幸いです。
・2018年8月に「二重投稿禁止規定」を追記しました(和文誌投稿規程の3」/欧文誌投稿規程「2」)。
・2019年2月に「複数論文同時投稿禁止規定」を追記しました(和文誌投稿規程「4」/欧文誌投稿規程「3」)。

2019年度総会と講演会・発表要旨 [2019年5月16日]

「2019年度総会と講演会」発表要旨を掲載しました。
ウェブサイト掲載のみで冊子の作成はいたしません。
また会場での配付もいたしませんのでご了承ください。

2019年度秋の研究例会 ワークショップ募集 [2019年5月16日]

2019年度の秋の研究例会は下記の日程で開催されます。
日時:2019年11月30日(土)
会場:日本大学文理学部

開催に伴い、ワークショップの企画を募集いたします。募集期間は下記の通りとなります。時期になりましたら学会ウェブサイトに詳細を掲載しますのでご確認ください。

≪募集期間≫ 2019年7月1日(月)~2019年9月16日(月・祝)

2018年度奨励賞の推薦について [2019年5月16日]

本学会では、若手研究者育成のため、優れた論文を対象にした奨励賞を設けています。
つきましては、2018年度奨励賞の会員による推薦を下記の要領で行うことといたします。
推薦は自薦・他薦を問いませんが、2019年8月31日(土)必着で、事務局に郵送もしくはメール添付でご提出ください。
詳細は選考要綱・推薦要領[PDF]をご確認ください。
・推薦用紙[Word][PDF]

2019年度総会と講演会のお知らせ [2019年5月7日]

2019年度の科学基礎論学会総会と講演会は下記の日程で開催されます。
奮ってご参加ください。

日時:2019年6月15日(土)・16日(日)
会場:金沢大学(角間キャンパス)
参加費:無料(非会員:1,000円)
シンポジウム:「安心・信頼の科学と哲学」
・プログラム [PDF]

ポスター(A3)はこちらからダウンロードできます
 ポスター[PDF]


***2019年度総会と講演会懇親会参加意向調査へのご協力のお願い***

今年度から懇親会参加のご意向を事前に調査させていただくことになりました。回答フォーム(外部サイト)にお進みのうえご回答ください。この調査は懇親会への参加申込みではありません。どのように入力されても、回答者のその後の自由な意向変更が制限されることはありません。いただきました情報は、事前の動向を大まかに把握するためにのみ使用いたします。ご協力いただけましたら幸いです。

2019年度イベント情報投稿用ID等申請受付開始のお知らせ [2019年1月22日]

2019年度(2019年4月1日~2020年3月末)のイベント情報投稿用ID・パスワード申請受付を開始します。
イベント情報の投稿を希望する会員は、下記期間内に申請書をご提出ください。

申請期間:2019年1月22日(火)~3月10日(日) 必着

<注意>
・申請は年度毎に必要となります。2018年度分の利用申請をされた方でも、改めて申請いただく必要がありますのでご注意ください。
・理事監事、評議員、各種委員の方は申請不要です。お手持ちのID・パスワードを継続してご利用ください。

運用ルールや申請書は下記よりご確認ください。
http://phsc.jp/event/

2019年度総会と講演会について [2019年1月10日]

2019年度の科学基礎論学会総会と講演会は下記の日程で開催されることになりました。
講演ならびにワークショップの企画を募集いたします。
希望される方は下記演題登録サイトよりご応募ください。

日時:2019年6月15日(土)・16日(日)(予定)
会場:金沢大学(角間キャンパス)
シンポジウム:「安心・信頼の科学と哲学」

年会講演者・ワークショップ募集要項
・演題登録サイト 講演およびワークショップの企画募集は締め切りました。

≪締切日≫ 講演・ワークショップ共通
演題登録:2019年3月 3日(日)
発表要旨:2019年5月10日(金)

第2回金沢大学国際賞募集のお知らせ [2018年12月20日]

このたび,金沢大学国際賞実行委員会(以下「実行委員会」という。)は,金沢大学(旧制第四高等学校)の先輩であり,哲学・思想・宗教の分野で世界的偉業を成し遂げられた鈴木大拙先生と西田幾多郎先生に敬意を表するとともに,この賞の選考を通じて,当該分野において国際的に多大な業績を挙げた研究者の功績を称え,もってグローバル大学としての金沢大学の国際貢献と学術研究のさらなる発展に資することを目的として,以下のとおり「鈴木大拙-西田幾多郎記念 第2回 金沢大学国際賞」を募集することといたしました。

1. 対象分野
哲学・思想・宗教の各分野
2. 賞の内容
本賞:賞状および楯 / 副賞:500万円
3. 授賞者数
1名
4. 応募資格
哲学・思想・宗教の分野において,国際的に多大な業績を挙げた研究者
5. 応募期間
2018年11月1日(木)~ 2019年5月15日(水)
6. 授賞者決定および授賞式日時
(1)授賞者決定:2019年9月中旬
(2)授 賞 式:2019年12月13日(金)
【留意事項】授賞者の方には,授賞式へのご出席および記念講演会講師をお願いします。
7. 応募要領 【他薦のみ】
(1)提出資料:推薦書〔理由書含む〕(別紙様式),履歴書,業績書
(2)提出先:金沢大学国際賞事務局

詳細につきましては下記のURLをご確認ください。
https://www.kanazawa-u.ac.jp/university/corporation/kokusaishou-2

2017年度奨励賞 [2018年11月13日]

2017年度奨励賞の選考結果を掲載しました。

『新進研究者 Research Notes』論文公募のお知らせ [2018年11月1日]

『新進研究 Research Notes』第2号の掲載論文公募が開始されました。
公募期間は下記の通りとなります。

第2号公募期間:2018年11月1日(木)~2018年12月9日(日)

詳細につきましては下記をご参照ください。
新進研究者雑誌 投稿規程・様式


過去のお知らせ

過去のお知らせについてはこちらからご確認ください。