和文誌 > 特集・投稿規程

科学基礎論研究

特集

現在、「科学基礎論研究」では特集による論文募集はありません。

投稿規程

1. 会員は本誌に投稿することができます。共著の場合は、共著者の中の少なくとも一人が会員でなければなりませんが、会員が筆頭著者である必要はありません。
2. 本誌に掲載される原稿は、科学基礎論そのものを論じたもの、もしくは科学基礎論に関連する諸分野の専門的な内容を扱うものとします。ただし、関連分野の専門的な内容を扱う際には、専門外の人々にも原稿の目的や主旨が理解でき、興味を持ち得るものであることを求めます。
3. 投稿原稿は未公刊であり、他学会誌等に現在投稿中でないものに限ります。ただし、学位論文や科研費等の研究報告書、学会発表要旨等と重複した内容を含むものについては、その限りではありません

本学会に投稿された原稿と内容的に類似した同一著者による原稿が他学会等にも投稿されているという疑念が生じた場合、編集委員会は、当該学会等と必要な情報を提供し合い対応を協議する権限を留保するものとします。

4. 同一著者が複数の原稿を同時に投稿することはできません。また投稿中の原稿の審査結果が出るまでは、別の原稿を投稿することはできません。(ただし、共著原稿の著者の一人が単独で別原稿を投稿する場合、あるいは別の人との共著原稿を投稿する場合は、その限りではありません。)
5. 投稿された原稿は、論文、討論に類別されます。討論とは、本誌に掲載された論文等(書評を含む)についてのディスカッションを意味します。投稿者は類別を指定して投稿して下さい。ただし編集上の判断から類別が変更されることがあります。
6. 投稿原稿は日本語で書き、分量は4,000字~40,000字を原則とします。冒頭に、日本語表題および欧文表題と100単語程度の欧文のアブストラクトを付けて下さい。また末尾に参考文献のリストを付けて下さい。なお、極端に長い表題の原稿、同じ表題の下で番号等を付して区別した複数の原稿の投稿はご遠慮下さい。
7. 投稿原稿には、著者名や謝辞など、著者を特定できる情報は入れないで下さい。これらの情報は掲載決定後に入れていただきます。
8. 『科学基礎論研究』に掲載されるすべての原稿は、最終的にTeXで組版を行います(下記第13項も参照)。投稿原稿をはじめからTeXで作成する場合は、このページの下部からダウンロードしたTeXスタイルファイルを用いて作成した原稿をPDF化し、PDFファイルのみを電子メールで送付して下さい。
9. TeX以外の一般のソフトで投稿原稿を作成する場合:
(1) PDFファイルの作成が可能なら、それ(のみ)を電子メールで送付して下さい。
(2) PDFファイルの作成ができない場合は、ソフトで作成した原稿ファイルを電子メールで送付するとともに、そのハードコピーを1部事務局宛てに郵送して下さい。
10. お送りいただいた原稿はお返ししません。
11. 投稿の際には、電子メール本文に日本語表題および欧文表題、著者名および著者名のローマ字書き、所属、連絡先をお書き下さい。
12. 投稿原稿の採否は審査を経て編集委員会で決定いたします。
13. 原稿の採用が決定されたら、『科学基礎論研究』用のTeXスタイルファイルを用いて作成した入稿原稿のTeXデータおよびそのPDFを、電子メールで提出して下さい。(TeXデータの作成ができない場合は、TeX化に必要な経費を負担していただきます。) 
14. 本誌に掲載される原稿の著作権については、本学会の「著作権規程」に沿って処理されます。つきましては、原稿採用決定時に「著作権に関する承諾書」(WORDファイル)に所定事項を記入の上、そのPDFファイルを上記13項で指定された入稿原稿とともに電子メールで送付して下さい。(PDFファイルが作成できない場合は、記入した承諾書を事務局宛に郵送して下さい。)
15. 掲載された原稿については、そのPDFファイルを著者にお送りします。論文別刷は作成いたしません。

投稿規程の最終改訂日   2019年11月20日

※電子メールによるファイルの提出は下記編集委員会宛てに、それ以外のすべての郵送物は下記事務局宛てにお送り下さい。

編集委員会:editorial[at]phsc.jp ※[at]は@に置き換えて下さい
事務局:〒108-0023 東京都港区芝浦2-14-13 MCKビル2階
    笹氣出版印刷株式会社内 科学基礎論学会事務局

「科学基礎論研究」用TeXスタイルファイル

投稿者の環境に応じ、下記ファイルをダウンロードし、解凍してください。生成される各ディレクトリには、環境に応じたスタイルファイルとサンプルソースファイルが含まれています。