和文誌 > 特集・投稿規程

科学基礎論研究

特集

現在、「科学基礎論研究」では特集による論文募集はありません。

投稿規程

1. 会員は本誌に投稿することができます。共著の場合は、共著者の中の少なくとも一人が会員でなければなりませんが、会員が筆頭著者である必要はありません。
2. 本誌に掲載される原稿は、科学基礎論そのものを論じたもの、もしくは科学基礎論に関連する諸分野の専門的な内容を扱うものとします。ただし、関連分野の専門的な内容を扱う際には、専門外の人々にも原稿の目的や主旨が理解でき、興味を持ち得るものであることを求めます。
3. 投稿原稿は未公刊であり、他学会誌等に現在投稿中でないものに限ります。ただし、学位論文や科研費等の研究報告書、学会発表要旨等と重複した内容を含むものについては、その限りではありません

本学会に投稿された原稿と内容的に類似した同一著者による原稿が他学会等にも投稿されているという疑念が生じた場合、編集委員会は、当該学会等と必要な情報を提供し合い対応を協議する権限を留保するものとします。

4. 投稿された原稿は、論文、討論に類別されます。討論とは、本誌に掲載された論文等(書評を含む)についてのディスカッションを意味します。投稿者は類別を指定して投稿して下さい。ただし編集上の判断から類別が変更されることがあります。
5. 投稿原稿は日本語で書き、分量は4,000字~40,000字を原則とします。冒頭に、日本語表題および欧文表題と100単語程度の欧文のアブストラクトを付けてください。また末尾に参考文献のリストを付けて下さい。なお、極端に長い表題の原稿、同じ表題の下で番号等を付して区別した複数の原稿の投稿はご遠慮下さい。
6. 投稿原稿には、著者名や謝辞など、著者を特定できる情報は入れないでください。これらの情報は掲載決定後に入れていただきます。
7. 『科学基礎論研究』はTeXで組版を行っています。『科学基礎論研究』用のTeXのスタイルファイルおよびその使用方法については、このページの下部を参照してください。
8. 『科学基礎論研究』用のTeXのスタイルファイルおよびその他のスタイルファイルを用いて原稿を作成し投稿される場合にはタイプセット済みのPDFファイルを、その他のソフトを用いて原稿を電子的に作成し投稿される場合にも、PDFファイルを作成することが可能な場合にはPDFファイルを、下記の編集委員会宛てに電子メールにて添付ファイルとしてお送り下さい。この場合にはハードコピーの郵送は不要です。
9. PDFファイルで投稿しない場合には、原稿の電子データを編集委員会宛てに電子メールにて添付ファイルとして送付するとともに、そのハードコピーを2部事務局宛てに郵送してください。
10. お送りいただいた原稿はお返ししません。
11. 投稿の際には、電子メール本文に日本語表題および欧文表題、著者名および著者名のローマ字書き、所属、連絡先をお書き下さい。
12. 投稿原稿の採否は審査を経て編集委員会で決定いたします。
13. 掲載が決定された場合には、『科学基礎論研究』用のTeXのスタイルファイルを用いた原稿作成をお願いいたします。もしもスタイルファイルを用いた原稿作成ができない場合には、組版に必要な経費を負担していただきます。
14. 掲載された論文・討論については、そのPDFファイルを著者にお送りします。論文別刷は作成いたしません。

投稿規程の最終改訂日   2018年8月8日

※電子メールによる論文投稿は下記編集委員会宛てに、論文投稿に関わるすべての郵送物は下記事務局宛てにお送りください。

編集委員会:editorial[at]phsc.jp ※[at]は@に置き換えて下さい
事務局:〒108-0023 東京都港区芝浦2-14-13 MCK ビル2F
    笹氣出版印刷株式会社内 科学基礎論学会事務局

「科学基礎論研究」用TeXスタイルファイル

投稿者の環境に応じ、下記ファイルをダウンロードし、解凍してください。生成される各ディレクトリには、環境に応じたスタイルファイルとサンプルソースファイルが含まれています。